ボクシング女子フェザー級で東京五輪代表に内定した鳥取県米子市出身で日体大1年、入江聖奈選手(19)が同県知事公邸に平井伸治知事を訪問し、「金メダルを取りたいという気持ちがより強くなった」と意気込みを語った。

 入江選手は9日にヨルダンで開かれた東京五輪アジア・オセアニア予選の準々決勝で判定勝ちし、五輪出場を決めた。五輪のボクシング女子は2012年ロンドン五輪から採用され、日本勢は初出場となる。

 平井知事は「五輪への道を自らの手で切り開いてきたことを心からお祝い申し上げます。五輪で鳥取県の名前を世界に知らしめてほしい」と祝福し、花束と記念品を手渡した。これに対し入江選手は「鳥取県の皆さんの応援や支援がなければ今の私はなかった。五輪で一番いい報告ができるよう、金メダルを目指して頑張りたい」と語った。