コロナ禍で指導にも影響の出ているスポーツ界で、早大ラグビー部、慶大野球部、桐蔭学園高ラグビー部をいずれも日本一に導いた実績を持つスポーツ心理学博士によるオンラインセミナー「チームの“最高”を引き出す技術」が3日午後8時から無料で開催される。

 講師は、早実高で甲子園準優勝を果たし、慶大野球部でも全国優勝を経験した布施努氏(56)。米ノースカロライナ大学で博士号を取得し、米五輪チームやNFL、NHLでの経験をへて、帰国後はプロ野球や社会人野球、大学スポーツ界で、チームのパフォーマンスを最大にする「心の使い方」を指導し、多くの実績を挙げている。

 セミナーは2時間で、ズームミーティング形式。選手と指導者のコミュニケーションを基礎とした実践的なワークショップを行い、コロナ禍で選手や指導者が集まって活動することが難しい環境でもチームづくりができるよう支援する。

 主催は、選手のコンディションとコミュニケーションに基づく自己管理支援サービス「アトレータ」を提供しているエムティーアイで、参加の申し込みは、同社サイト( )で。