【WEB編集委員のつぶやき】韓国の国民は日米韓の連携こそ生き残る道と知るべきだ そうしないと本当に「ヘル・コリア」へ…

 4月15日の金日成主席生誕105年の記念日は、幸い何も起こらなかった。日本国民の多くも早朝から固唾を飲んで事態の推移を見守った。産経ニュースの読者も好天にもかかわらず、普段の土曜より2割以上の閲覧があった。

 北朝鮮は同日、ミサイル発射や6回目の核実験を見送ったものの、記念日に行った軍事パレードで、発射台付き車両に搭載した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる弾道弾のほか、公開済みの開発中のICBM「KN14」とみられるミサイルや、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を改良した中距離の「北極星2(KN15)」を登場させた。

 金正恩朝鮮労働党委員長は笑みを浮かべながらパレードを見守った。演説した崔竜海党副委員長は、「米国が挑発を仕掛けてくれば、即時に殲滅的攻撃を加え、核戦争には核攻撃戦で対応する」と言い切った。

 にもかかわらず、翌日の16日付朝刊で「北朝鮮軟化の兆しも」と大見出しを掲げ解説する新聞もあったが、楽観的過ぎた。

 北朝鮮は日本時間16日午前6時21分、東部・咸鏡南道新浦付近から弾道ミサイル1発を発射し、直後に爆発した。

 日米の高官は、射程「千キロ以上」の中距離弾道ミサイルとの見方を明らかにしている。爆発は「失敗」とみる向きも多いが、北朝鮮はあえて「強行」したのだ。

 北は「軟化」するどころか、より先鋭化していると見るべきだろう。

 米海軍は原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群を朝鮮半島近海に派遣し、北朝鮮のさらなる挑発に備えている。

 韓国を訪問したペンス米副大統領は17日、黄教安首相と会談し、北朝鮮が新たな軍事挑発をした場合、強力な懲罰的措置を取っていくことで一致した。

 ペンス氏は、「北朝鮮は米大統領の決意や米軍の力を試したりしない方がいい」と改めて警告した。また、「この2週間で(北朝鮮は)シリアへの行動を通し、新しい米大統領の阻止力を目の当たりにしただろう」とも語り、北への姿勢を変えていない。

 18日には安倍首相と会談、首相が「対話のための対話では意味がない。北朝鮮が真剣に対話に応じるように圧力をかけていくことも必要だ」と指摘すると、ペンス氏も「平和は力によってのみ初めて達成される。同盟国と連携したい」と応じた。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が15、16両日に実施した合同世論調査によると、北朝鮮の核・ミサイル開発に脅威を「感じる」と答えた人は91・3%に達した。「感じない」との回答は8・0%。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射に対する日本の「敵基地攻撃能力」については、45・0%の人が「敵基地への反撃は、弾道ミサイルを日本に向けて発射したあとに限るべきだ」と回答した。「日本に向けて発射する具体的な構えを見せた段階で基地を攻撃すべきだ」という先制攻撃容認派も30・7%に上っており、敵基地への攻撃の容認は75%を超えた。

 敵基地攻撃能力については、前回調査(3月18、19両日実施)でも、「保有すべきだ」「保有を検討すべきだ」を合わせて75・1%に達しており、政府は国民の声を何と聴くのか。

 韓国では朴槿恵前大統領の罷免に伴う大統領選挙(5月9日投開票)が17日、告示された。左派系の最大野党「共に民主党」の文在寅候補(64)を、中道左派の第2野党「国民の党」の安哲秀候補(55)が僅差で追う情勢だ。韓国で行われた支持率調査では、文氏が40%、安氏が37%だった。

 文と安氏による事実上の「2強対決」となる大統領選は、左派色の強い文氏を敬遠する保守層と、30〜40%といわれる無党派層の票の行方が勝敗を決める。

 ご存じの通り文氏は慰安婦問題をめぐる日韓合意の再協議、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備問題の再協議など、反日・反米、親北朝鮮的な発言を繰り返してきた人物だ。

 「親北左派」の文氏に対し安氏が巻き返しており、文氏は敏感な問題については、表現を微妙に変えつつあるという。

 5月9日の投票日を待たずして北朝鮮はミサイル発射や6回目の核実験を強行する可能性がある。4月25日の朝鮮人民軍創建85年記念日前後に暴発するかもしれない。要注意だ。

 韓国民もいい加減覚醒し、日米韓の連携強化こそ生き残る道と知るべきだろう。でなければ「ヘル・コリア(地獄韓国)」に堕ちるのみだ。

(WEB編集チーム 黒沢通)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

産経新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

14時27分更新

社会のニュースをもっと見る

14時19分更新

経済のニュースをもっと見る

08時10分更新

政治のニュースをもっと見る

11時52分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

10時55分更新

エンタメのニュースをもっと見る

10時03分更新

スポーツのニュースをもっと見る

13時16分更新

トレンドのニュースをもっと見る

11時04分更新

仕事術のニュースをもっと見る

10時45分更新

生活術のニュースをもっと見る

17時46分更新

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索