米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が26日、世界で2万2千人を超えた。死者数は20日に1万人を上回ったばかりで5日間で倍増した。欧米での急速な感染拡大に歯止めがかからず、世界の累計感染者数は49万人超と50万人の大台に近づいた。

 米国での感染者が26日に7万人近くまで増え、イタリアの7万4千人に迫った。世界保健機関(WHO)の25日付報告書では、米国の感染者は約5万2千人、死者は673人だった。米国での感染者増加の勢いが際立っている。

 死者数は最多のイタリアで7503人、続くスペインで4089人。中国公式発表の死者数は3200人強で横ばいが続いている。ロイター通信によると、スペインのマドリードでは医療施設が飽和状態で、市内のスケート場が遺体安置所として使われている。

 世界の累計感染者数は20日に26万人だったが、26日には49万人まで急増した。すでに回復した人は11万8千人。WHOのテドロス事務局長は25日、外出制限などを導入している国に対し、この間に治療や検査の態勢を充実させることが重要だと訴えた。