東京都の小池百合子知事は23日、新型コロナウイルス感染拡大が深刻化する中、国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の延期を含めて4週間以内に結論を出すとの新方針を示したのに対し「さまざまなシナリオを検討する中にはその言葉(延期)も入ってくるのではないか」との見方を示した。都庁で報道陣の取材に答えた。

 IOCが中止は議題にしないとしている点については「開催都市の長として、これまでもずっと中止はありえないと言ってきた。その点については同じ考えだということが共有できた」と強調。「東京大会にはコロナウイルスに打ち勝つという別の目標が出てきた」と述べた上で、「課題はたくさんあるが、どういうシナリオが可能なのかについて、IOCや大会組織委員会などとしっかりと交渉したい」と話した。