赤澤燈、佐藤永典の秘話を明かす 「持ってきたギターを弾き出して、本当に迷惑だった」

赤澤燈、佐藤永典の秘話を明かす 「持ってきたギターを弾き出して、本当に迷惑だった」

 俳優、佐藤永典(26)と赤澤燈(26)が14日、東京都内で行われたトリプル主演映画「Please Please Please」(堀内博志監督)の初日舞台あいさつに登場した。

 若者の焦燥と渇望を描いた青春作を永典は「鬱屈して、居場所を求めた若者たちのもがく、切なさ、美しさが映像を通じて届けられたら」とPR。

 撮影の休みを一緒に過ごした赤澤から「持ってきたギターを弾き出して、本当に迷惑だった」と秘話を明かされ、苦笑しながらも、自ら「YUIさんを歌っていた」と振り返り、アカペラでワンコーラスを披露し、ファンを喜ばせた。

 もう1人の主演俳優、佐藤流司(21)は仕事の都合で欠席した。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

14時02分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索