俳優、柄本佑(33)が14日、東京・渋谷のNHKで行われた同局主演ドラマ「心の傷を癒すということ」(18日スタート、土曜後9・0、全4回)の試写会に登場した。

 1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災を題材にした同作で、精神科医役に初挑戦。被災地のために尽力し、震災から5年後、肝細胞がんのため39歳で死去した故安克昌(あん・かつまさ)医師をモデルにした主人公を演じる。

 柄本は撮影前、遺族にも話を聞き、「包み込むような優しさを持ったすごい人だと思いました」としみじみ。17日に震災から25年を迎えるが、「僕の中では『寄り添う』ということがテーマでした」と振り返った。