お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が12日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月〜金曜前8・0)に出演。84歳で死去した野村克也氏をしのんだ。

 南海(現ソフトバンク)の捕手として戦後初の三冠王に輝き、南海、阪神、ヤクルト、楽天の監督として3度の日本一に輝いたサンケイスポーツ専属評論家の野村克也氏が11日、死去したことが分かった。

 番組ではこのニュースを取り上げると、加藤は「僕、過去に対談してことがあるんですよ。2時間くらいみっちり二人で」と野村氏とのエピソードを語り出した。当時、野村氏がスタジオに入ってくるなり、「あんたサッカー好きなんだろ?」と言われ、加藤は「やりずらくなるかな」と思ったが、野村氏は「今日話して野球を好きにさせるからな」と宣言して対談がスタート。加藤は「あ〜そういう方なんだ」と、人柄を感じ取ったという。

 野村氏といえば“ボヤキ”が有名だが、加藤は「ボヤくキャラクターは本質というより、例えば王さん、長嶋さんがいて自分がこの位置にいる、そしてパ・リーグを盛り上げようという気持ち、ボヤくとカメラが回る、そしてスポーツニュースに(ボヤく映像が)流れるところまで考えていたような気がする」と“ボヤキ”は野球界を盛り上げるためのアイテムであったのではないかと推測した。