お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が14日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月〜金曜前8・0)に出演。13日に覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕されたシンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)について言及した。

 槇原容疑者は13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。逮捕容疑は一昨年に東京・港区の一室で覚醒剤や危険ドラッグ「ラッシュ」を所持していた疑い。同課は認否を明かしていない。

 番組では槇原容疑者の逮捕について特集し、警視庁東京湾岸署から送検される映像などを速報で報じた。加藤は「ちょっと悔しい感じもするよね。ここまで才能のある方が」とコメントした。

 MCを務めるお笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜(36)は「本当に残念ですよね」と切り出すと、尿検査の結果がまだ出ていないとした上で「いい曲をたくさん作られているし、番組のテーマ曲とか、責任のあるお仕事というのがいっぱいあるわけですよね」と楽曲制作について触れた。「今回、(デビュー)30周年イヤーということでファンの方に喜んでもらおう、楽しんでもらおうという企画もされてて、ファンの方に向けても、そして自分自身を大切にするっていうことよりも(薬物の快楽が)勝ってしまう脳になってしまっていたのかな」と推測。「本当に薬物の怖いところだなって。一度でもやってしまうと、その脳になってしまうんだっていう悲しみがありますね」と薬物依存の怖さを強調した。