俳優、吉田鋼太郎(61)が14日、演出を務め、自らも出演する舞台「ヘンリー八世」がさいたま市の彩の国さいたま芸術劇場で初日を迎えた。シェークスピアの最晩年の戯曲で「どうやって面白く見せるかという兼ね合いに時間をかけ、いつもより2、3割増しに長い稽古時間を取りました」と告白。「役者たちは明晰(めいせき)にせりふをしゃべり、そこに感情を乗せることができた」と胸を張った。主演は阿部寛(55)。3月1日まで同所で。