元サッカー女子日本代表FWでタレントの丸山桂里奈(36)が25日、自身のツイッターを更新。世界中で拡大局面が続く新型コロナウイルス感染症について危機感を示した。「身近でかかる人がいるいないではなくて、もっとみんなが意識を高く持たないと本当に危ない気がします」と強調。「若いからかかっても大丈夫て思って色んな場所に行く人は本当に考えてほしい」と、無症状だとしても高齢者や持病を持った人にうつしてしまうリスクがあると訴えた。

 続けて「かからないだろう、大丈夫だろうてなんでそんな過信できるんだろう。私はコロナの話しがでてからとても怖いし、不安だし、自分で出来ることを出来る限りやってます」とつづり、一人ひとりのリスク管理を徹底した行動と「自分だけでなく、周りの人にも意識の共有」が必要だと呼びかけた。