元タッキー&翼のメンバーで俳優、今井翼(38)が、27日スタートのTBS「Oh! ベイスターズ2020」(金曜深夜2・55、初回のみ同2・57、関東ローカル)でMCを務めることが26日、分かった。休養期間を経て今年2月の活動再開後、初のレギュラー番組。プロ野球・DeNAの熱狂的なファンの翼が思う存分に“ベイスターズ愛”を発信していく。

 翼の活動再開後、初レギュラーは、自身がこよなく愛するプロ野球、横浜DeNAベイスターズの応援番組となった。27日深夜から始まる「Oh! ベイスターズ2020」でMCを担当する。

 「子供の頃から愛しているベイスターズの応援番組に出演でき、大変うれしく思います。現場に立てることはめったにないので、この機会に選手やチームの生の声、熱い思いをお伝えしたいと思います」

 翼はDeNAが、まだ大洋ホエールズだった小学校低学年時に地元、神奈川・藤沢市のスーパーで開催された斉藤明雄、屋鋪要のサイン会に足を運んだことがきっかけで、熱心なファンに。現在も本拠地・横浜スタジアムに通って応援し、今年からは球団のファンクラブにも入会した。

 この“横浜愛”に番組制作サイドが注目。多ジャンルで活躍した実績のある翼の影響力で、DeNAのファンだけでなく、幅広くチームの魅力を伝えてもらおうとオファーに至った。番組では翼ならではの目線で選手、スタッフへのインタビューだけでなく、優勝時にはビールかけへの“潜入取材”も検討しているという。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月20日に開幕予定だったプロ野球は、4月24日開幕を目指す方向で動いている。

 「ファンの皆さんも開幕を待ち望んでいると思います。一緒にプロ野球、そしてベイスターズを盛り上げていきましょう」。開幕を心待ちにしているDeNAファンに、MC翼が貴重な情報を届ける。

★「BAY☆スタ」新連載スタート

 翼はサンケイスポーツが発行するDeNA応援タブロイド新聞「BAY☆スタ」で新連載「今井翼のVamos! ベイスターズ!!」をスタートさせた。23日発売の最新第16号ではファンへの自筆メッセージとともに、ベイスターズへの思いを語っている。同紙は神奈川県内のコンビニなどで発売。ネット販売はサンスポe−shop(https://www.sanspo−eshop.com/)で受け付けている。