V6の井ノ原快彦(43)が26日、東京・東大泉の東映東京撮影所で行われたテレビ朝日系主演ドラマ「特捜9 season3」(4月8日スタート、水曜後9・0)の取材会に出席した。

 新型コロナウイルスの感染予防への配慮から、急きょスタジオ外での“青空取材会”に変更。井ノ原は「ドラマやエンターテインメントは見てくださる方の安心と健康がないと楽しめない。皆さんには細心の注意を払っていただきたい」と視聴者を気遣った。

 撮影現場ではコロナ対策として、うがいや手洗いを徹底。井ノ原は消毒用のアルコールを大量に持ち込み、率先して感染予防に取り組んでいる。

 前身の「警視庁捜査一課9係」シリーズから15年目を迎え、羽田美智子(51)ら共演者は楽屋のような和やかな雰囲気。今作から参加した中村梅雀(64)は「見事なチームワーク。役づくりのためにみんなに近づかないようにしても、1人ぼっちになれない」と苦笑いで絶賛した。

 井ノ原は2017年まで同シリーズの主演を務めた渡瀬恒彦さん(享年72)が生前、「みんな仲が良いのはいいこと。ゲストが来たときにちゃんと見ていて」と言っていたことを告白。「今もどこかで見られている気がする」と背筋を伸ばしていた。