関ジャニ∞やジャニーズWESTら関西ジャニーズ総勢70人以上が参加するイベント「Johnny’S DREAM IsLAND2020→2025〜大好きなこの街から〜」が“なにわの日”の7月28日にスタートすることが26日、分かった。Jr.を含む関西ジャニーズ勢が一堂に会するイベントは初めて。8月1〜25日には各グループが公演を行い、全公演を有料生配信する。関ジャニの村上信五(38)は「大阪の良さを伝えたい」とアピールした。

 なにわのジャニーズが、5年後に万博の舞台となる“世界の大阪”から元気を発信する。

 関西ジャニーズは関ジャニ∞やジャニーズWESTのデビュー組のほか、なにわ男子やLil(リトル)かんさい、Aぇ!groupといったグループをはじめとするJr.メンバーが在籍。総勢70人以上が集結するイベント開催は初の試みだ。

 7月28日の“なにわの日”に大阪市内から無観客ライブを有料生配信。ジャニーズはコロナ禍で収録ライブを配信してきたが、生配信は初。大阪からジャニーズ史に新たな1ページを刻む。

 関ジャニの村上は7月9日に1周忌を迎えるジャニー喜多川前社長に「ジャニーさんが関西、大阪を愛してくれてようやくここまできた」と感謝。兵庫県出身のWEST・重岡大毅(27)は「関西人としてやる意味を感じる。関西のジャニーズの力を見せてやる」と力を込めた。

 なにわ男子の大西流星(18)が「まさか一緒にイベントをできるとは」と大喜びすると、村上は「(各グループと)コラボしようかと。僕らはサポート役なので若手の企画に全乗っかりします」と“どんと来い”で胸を貸す。

 コロナ禍では関ジャニの47都道府県ツアーの過半数にあたる27公演が中止になるなど、各グループが悔しい思いをした。

 関ジャニが“エイトの日”と位置づける8月8日をはじめ、同1〜25日には各グループが関西ジャニーズを育てた大阪松竹座からライブを配信。村上が「関ジャニは俺のソロ1本でいく」と宣言すると、重岡が「ウソついてます?」とすぐに突っ込んで笑わせた。

 大阪万博の2025年に向け、Aぇ!groupの草間リチャード敬太(24)は「大阪といえば俺たちという存在になりたい」と宣言。村上は「若い世代の夢をかなえるために(自身が)事務所の執行役員に…」とおどけつつ、「後輩たちがどう活躍するか楽しみ」とめっちゃおもろいイベントにすることを誓った。