“ラブホ飲み会”の参加が報じられ3月から芸能活動を自粛していたSnow Manのリーダー、岩本照(ひかる、27)が1日、活動再開を発表した。

 ファンクラブ会員サイトで「私の自覚が足りない行動によりファンの皆様や関係者の皆様、沢山の方にご心配とご迷惑をおかけしてしまった事、深くお詫び申し上げます」(原文ママ)と陳謝。続けて「再び活動させていただける事に感謝し、これからは沢山の笑顔を皆様に届けられるよう精一杯励んでいきます」と誓った。

 復帰後初仕事はSnow Manが単独映画初主演を飾る年内公開の「滝沢歌舞伎ZERO2020 The Movie」。1日から稽古に参加するとして、「Snow Manにとって、とても大切な作品に携わらせていただける事、今の時代だからこそ伝えられる事、究極の和のエンターテイメントを届けるため、全身全霊でパフォーマンスさせていただきます。今後、二度と同じ過ちを犯さないよう精進致します」と約束した。

 岩本は3月、一部でJr.時代の2017年11月に東京・渋谷のラブホテルで行われた飲み会に参加し、女性側には未成年が3人いたと報じられた。所属事務所が本人に事実確認したところ、未成年がいた認識はないが、飲み会に参加したことは認め、一定期間芸能活動を自粛すると発表。ジャニーズの15組75人が参加する期間限定ユニット、Twenty★Twentyのメンバーからも外れていた。