森山直太朗、結婚していた!作曲家でピアニストの平井真美子さんと

森山直太朗、結婚していた!作曲家でピアニストの平井真美子さんと

 「さくら(独唱)」などのヒット曲で知られるシンガー・ソングライター、森山直太朗(42)が、作曲家でピアニスト、平井真美子さん(41)と結婚していたことが16日、分かった。森山のサポートピアニストを務めた縁で知り合い、同じ1976年生まれで意気投合。関係者によると、10年以上にわたって親交を深め、最近になって婚姻届を提出した。母親で歌手、森山良子(70)をはじめとした“音楽一家”に新たな才能が加わった。

 母親は森山良子、母のいとこは故ムッシュかまやつさん(享年78)。音楽一家のDNAを継承する森山が、ひそかに結婚していた。

 お相手の平井さんは親しみやすく美しいメロディーで業界から高い評価を受ける作曲家でピアニスト。昨年7月期の日本テレビ系連ドラ「過保護のカホコ」では、劇中歌「がんばるカホコ」などを作曲。火野正平(68)が出演するNHK BSプレミアム「にっぽん縦断こころ旅」(不定期放送)では音楽担当としてテーマ曲「こころたび」などを手がけている。

 関係者によると、2人は平井さんが森山のサポートピアニストを務めた縁で知り合い、2006年ごろから音楽談議などを重ねるうちに急接近。互いの音楽に向かう姿勢や才能にひかれ合い、ほどなくして交際に発展した。昨年末には2人で絵画展を訪れる姿などが目撃されており、最近になって婚姻届を提出したようだ。森山は、17日にもファンに向けた手紙で結婚を正式発表するとみられる。

 これまで2人の交際は公になったことはなかった。森山はデビュー15周年を迎えた2016年、バラエティー番組で、結婚の心配をする母の良子からお見合いを勧められると告白。理想のタイプについて「一緒にいて楽な人」と明かしていた。

 森山は6月1〜5日まで東京・神宮前のVACANTで上演される舞台「SETSUNA企画#1『なんかやりたい』」に出演。同8日には東京国際フォーラムで開催される「オリンピックコンサート2018」にゲスト出演し、フルオーケストラをバックに熱唱予定。いずれかの壇上で、観客に喜びの生報告となるか。

森山直太朗(もりやま・なおたろう)

 1976(昭和51)年4月23日生まれ、42歳。東京都出身。2002年のアルバム「乾いた唄は魚の餌にちょうどいい」でメジャーデビュー。翌03年の「さくら(独唱)」が大ヒットし、同年のNHK紅白歌合戦に初出場。05年の紅白では母、森山良子が「さとうきび畑」で出場し、紅白史上初の親子共演が話題に。15年に半年間の活動休止を発表し、翌16年に活動を再開した。

平井真美子(ひらい・まみこ)

 1976(昭和51)年生まれ、41歳。京都府出身。桐朋学園大音楽学部ピアノ科卒。2003年にソロユニット、pianetta名義でアルバム「elements」を発売。13年には個人名義でアルバム「夢の途中」を発表。12年に新進気鋭のアーティストに贈られる米国の「S&R財団ワシントン・アワード」を受賞した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索