お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(56)が22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大で開催への影響が懸念される東京五輪について言及した。

 コメントを求められた松本は、東京五輪開催が決まった7年前、当時のIOC会長であるロゲ氏が「TOKYO」と読み上げた瞬間を思い出し「なんやったんやなみたいなところがあるよね。このままじゃ『おもてなし』はできないなって正直なところ思いますよね」と残念がった。

 さらに、2015年にあった佐野研二郎氏の五輪エンブレム盗作疑惑に触れ、「ロゴマークで揉めたのもなんやったんかな…」。同年、ザハ・ハディド氏による国立競技場デザインが白紙撤回されたことにも「ザハはなんやったんや…」と続けた。MCを務めるお笑いタレント、東野幸治(52)は「“開催”で進んでいますから、どうなるかもわかりませんし」と先の見えない状況を改めて強調した。