村田はプロ初黒星/BOX

村田はプロ初黒星/BOX

 プロボクシングのトリプル世界戦(20日、有明コロシアム)で、WBA世界ミドル級王座決定戦に臨んだ2012年ロンドン五輪金メダリストで同級2位の村田諒太(31)=帝拳=は、同級1位のアッサン・エンダム(33)=フランス=に1−2の判定で敗れ、日本の五輪金メダリストで初の世界王者にはなれなかった。プロ初黒星を喫した村田は13戦12勝(9KO)1敗、エンダムは38戦36勝(21KO)2敗。日本ジム所属の男子世界王者は12人となった。

 村田は4回、右のカウンターで最初のダウンを奪い、ガードを固めながら右の強打を放って圧力をかけ、試合をコントロールしたように見えた。しかし採点は111−116、112−115、117−110とエンダムを支持した。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

16時08分更新

社会のニュースをもっと見る

13時55分更新

経済のニュースをもっと見る

14時27分更新

政治のニュースをもっと見る

13時30分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時24分更新

エンタメのニュースをもっと見る

15時26分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時04分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

07時14分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索