DeNAの3年目左腕・桜井周斗投手(20)が、オープン戦初戦となる16日の巨人戦(沖縄セルラー)に先発する。

 「アピールしなきゃいけない立場。紅白戦でもそうでしたが、期待に100%応えられるように頑張りたい」。左腕王国の一角として、ローテーション入りが期待される左腕。8日の紅白戦でも1軍の先発を任された。

 前回登板では、このオフに米大リーグ、レッズの70勝右腕トレバー・バウアー投手(29)から教わったナックルカーブに手応え。一方で、2回2失点を喫し「先発ということで、最初の打者の初球から100%の力を出せるように」と意気込んだ。

 相手は昨年のセ・リーグ王者。「ルーキーの時にも沖縄で投げて、それ以来。そのときは抑えられたので、今回も向かっていく姿勢を見せたい。それが自分の持ち味」と語気を強めた。