DeNAが26日、阪神戦(横浜)に6−0で完勝。エース・今永の好投、強力打線の爆発で5連勝を飾った。

 DeNA・今永、阪神・西勇のエース同士の投げ合いは、四回までスコアボードに0が並ぶ緊迫した展開。均衡を破ったのはDeNA・宮崎の一発だった。五回、先頭打者として打席に入ると、ライトスタンドへのソロ本塁打で先制。沈黙が続く阪神打線とは対照的に、DeNAは八回にも新助っ人・オースティンが、代わった阪神2番手・小川から、2点本塁打。さらにDeNA・大和の左中間適時打、梶谷の左前適時打などで、6−0と突き放した。

 今永は8回4安打無失点で降板。九回はパットンが無失点に抑えた。