元楽天の日本一メンバー、枡田慎太郎氏(32)が宮城・仙台一高の硬式野球部コーチとして奮闘している。6月23日に就任し、計3度指導した。

 同氏は「微力ながら、プロ野球で得た知識と経験を、少しでも多く、球児に伝えさせていただきたいです。いつか、仙台一高を常勝チームに引き上げたいです」と、熱っぽく話した。

 2006年にプロ入りし、楽天一筋13年で、故・野村克也監督、故・星野仙一監督のもとで野球を学んだ。名将の教えや野球術を、県内屈指の名門進学校に伝える。

 18年11月に現役引退後、同高OBから熱心に誘われ、「ぜひお願いいたします」と引き受けた。今春3月から活動開始の予定が、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。

 一方で、仙台ポニーリーグのチーム「仙台ポーニー・ベースボール・クラブ」でも、中学生を相手に指導。「お世話になった宮城、仙台に、野球を通して少しでも恩返しができれば」と明かした。

 13年は得点圏打率・364の勝負強さを発揮し、球団初のリーグ優勝、日本一に貢献。豪快な性格で、男気にあふれ、自分に厳しく、よき兄貴分として後輩から慕われてきた。礼節も重んじる男が、新たな道に進む。