ロッテ春季キャンプ(12日、沖縄・石垣島)ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=は12日、石垣島キャンプ最終日の13日に初めて行うブルペンでの投球に向けて「傾斜を使って投げるのは、とても楽しみ。課題を見つけて練習で補っていくことができると思う」と胸を高鳴らせた。

 キャンプインからキャッチボールの距離や強度を少しずつ上げ、慎重に段階を踏んできた。練習中の軽い投球でも先輩投手を驚かせるほどの球威を見せており、捕手を立たせての投球となるが、高校球界最速の163キロを誇る右腕の才能に注目が集まる。

 ブルペンにはキャンプを生中継するCS放送をはじめ報道各社が勢ぞろいする予定だが「(球速は)気にしない。自分の感覚がよければそれで」と、あくまで冷静な佐々木。視察予定の井口監督は「楽しみ。実際にマウンドで投げている姿を見たことはないので見たい」と期待に目を輝かせた。 (佐藤春佳)