米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(25)が12日(日本時間13日)、米アリゾナ州・テンピで行われたバッテリー組のキャンプに参加。全体練習とは別に打撃練習、キャッチボールを行うなど“二刀流”調整でメジャー3年目のシーズンをスタートした。

 「(キャッチボールは)ある程度、距離も強さも球数も決まっているので、与えられた範囲の中で復帰の時期までしっかり段取りよくいければいい」

 ウオーミングアップは投手陣全体と一緒に行ったが、その後は、マイナー施設の室内練習場でティー打撃。その後、屋外の練習球場に戻り、約40メートルの距離でキャッチボールを行った。トレーニング、チームのミーティングにも参加し、初日を終えた。

 「スプリングトレーニングもそうですし、シーズン中もある程度、制約がある中でやる感じになると思うので、ことし1年もまだリハビリだと思って、その中でしっかり結果も残したい。(投打の)どっちもやらないといけないので大変だと思いますけど、しっかりやることをやっていきたい」

 メジャー1年目の2018年10月1日に右肘の靱帯(じんたい)再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。昨季は投手としては全休し、DHとしてメジャー2年目を過ごした。9月には左膝を手術していた。

 前日11日(同12日)、エプラーGMは大谷の先発投手としてのメジャー復帰を「5月の中旬を目標にしている」とメドを設定。開幕からはDHで出場しながらマイナー戦などでリハビリ登板を重ね、ステップアップするスケジュールを明かしている。