新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、予定通りの7月24日開幕が懸案となっている東京五輪について安倍晋三首相(65)は24日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)と電話で会談。2021年夏までの開催で合意した。

 韓国紙の中央日報(電子版)は25日、「歴史上、五輪が中止になったり開催地が変更されたりしたことはあるが、延期になったのは今回が初めてだ」と指摘。「すべて第1・2次世界大戦のためだった。特に日本は第2次世界大戦で1940年東京夏季五輪、札幌冬季五輪が中止になったことがあるが、今回は初めての五輪延期という、うれしくない記録を持つことになった」とした。