新型コロナウイルス感染拡大で来夏に延期された東京五輪の開幕1年前となる7月23日の行事に、白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(19)=ルネサンス=が起用されることが30日、分かった。メインスタジアムとなる国立競技場(東京・新宿区)で、世界のアスリートに向けてメッセージを発信する予定。大会組織委員会が準備を進めている。

 「人を集めての特別なイベントは実施しない。式典ではなく、あくまでも行事」

 組織委関係者によれば、コロナの感染拡大が収束しない現在の情勢を踏まえ、式典ではなく行事として準備を進めている。あくまでも行事のため、観客は入れない方針。池江には行事の参加を打診している。

 池江は2019年2月に白血病が判明。闘病生活を乗り越え、昨年12月に退院した。東京五輪の出場を断念し、24年パリ五輪で表彰台を目指す考えを明らかにし、今年3月にはプールでの練習を再開した。世界の選手が先行きに不安を感じている中、困難を乗り越えて挑戦を続ける池江のメッセージは、再びさまざまな人を勇気づけることになりそうだ。