サッカー元日本代表の本田圭佑(33)は13日、自身がオーナーとなって新設したクラブ「One Tokyo」の監督にタレント、武井壮(46)が就任したと自身のツイッターで発表した。

 武井も自身のツイッターで「OneTokyoFCの初代監督に選出して頂きました!!」と切り出し「サッカー経験者ではありませんが、さまざまな能力を持ったメンバー達のサポートを活かしてチームにエネルギーと新たなビジョン、モチベーションを与えられる監督になりたいです!!」と抱負をつづった。

 本田は、この投稿を引用し、サッカー経験がなくてもサッカーが好きな人にとって「大きな希望」と、武井を監督として起用したことを自ら評価。「これで成功したらJ1のクラブからオファー来たりして」と冗談めかしつつ、ハッシュタグで「#ライセンスのことは知ってる #だからルールを変えよう」と呼びかけた。