サッカーのブラジル1部リーグ、ボタフォゴに加入した元日本代表MF本田圭佑(33)が24日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がる中、日本へ警鐘を鳴らした。

 本田は「日本だけが世界で割と普通に生活している唯一の国という不安な状態」とツイート。「#かかるときはかかる」「#でも油断はするな」とハッシュタグをつけ、コロナへの危機意識を高めるよう呼びかけた。

本田は21日にも「おい、コロナ。お前なんかに俺らは負けへんぞ。これ以上俺らの邪魔すんな」とつぶやいていた。