ヤクルト・吉田大成内野手(25)が24日、練習試合の広島戦(マツダ)に三回の守備から途中出場。この日の第1打席となった五回2死二塁で、右中間への適時二塁打を放った。

 「チャンスだったので、ランナーをかえすことだけを考えてコンパクトに打ちました」

 相手の3番手右腕・市岡が投じた直球をはじき返した。オープン戦から好調を維持する2年目が、アピールを続ける。