阪神・俊介、攻守に存在感!「積極的に打ちにいきました」

阪神・俊介、攻守に存在感!「積極的に打ちにいきました」

 (セ・リーグ、巨人5−2阪神、16回戦、巨人9勝7敗、10日、東京D)3試合ぶりの先発出場の俊介は二回、1点を先制して、なお二死二、三塁から右前適時打を放った。「いい流れで回ってきた打席でしたし、積極的に打ちにいきました。もう1点ほしいところで打ててよかったです」。中堅の守備でも三回、先頭の亀井の当たりをスライディングキャッチ。八回無死一、二塁でも坂本の飛球を好捕するなど、攻守に存在感を示した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索