阪神・メッセンジャーは「右足の腓骨骨折」

阪神・メッセンジャーは「右足の腓骨骨折」

 前日10日の巨人戦で打球が右足を直撃した阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)の検査結果を11日、「右足の腓骨骨折」と発表。金本知憲監督(49)は「厳しいかもわからんね」と話し、今季中の復帰は絶望的となった。

 今季チームトップの11勝をマークしていた助っ人右腕は、前日の巨人戦(東京ドーム)で七回に巨人・阿部慎之助内野手(38)の放った強烈な打球が右足くるぶし付近を直撃し、負傷交代。試合途中に患部をアイシングして、東京都内の病院に向かった。午後11時半頃、横浜市内のチーム宿舎に到着した際には右足をギプスで固定し、松葉杖姿だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索