阪神の揚塩健治社長(58)が16日、新成人となった湯浅京己投手(20)、牧丈一郎投手(20)の2人に記念品(名前が刻印されたボールペン)を授与した。抱負として湯浅は色紙に『躍動』、牧は『大人』と書き込んだ。湯浅は「改めて、お世話になった方に恩返しできるようにしたい」と思いを新た。今季から育成契約となった牧は「そこ(支配下)を目指していたらいけないと思う。1軍で投げることを目標にしていないと、そこは通過できない」と気合を込めていた。