サントリーが4季ぶりの優勝を全勝で飾る/TL

サントリーが4季ぶりの優勝を全勝で飾る/TL

 トップリーグ最終節(14日、神戸製鋼15−27サントリー、ノエス)サントリーが神戸製鋼を下し、4季ぶりの優勝を全勝で飾った。

 勝利の瞬間、フィフティーンが喜びを分かち合う。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたSO小野は満面の笑みを浮かべる。27−15で快勝し、15戦全勝でトップリーグの頂点に立った。

 サントリーは前半、神戸製鋼に8点リードされたが、22分にFLツイヘンドリックのトライ(ゴール成功)。40分にWTB江見がゴールポスト中央にトライを奪い、逆転。ゴールも成功し、14−8で折り返した。

 後半は3分にFB松島がトライ。5分に相手CTB山中にトライを奪われたが、選手が攻守に踏ん張り、SO小野の2PGで逃げ切った。サントリーの沢木監督は「自分たちはチャレンジャーなので、丁寧に戦っていきました」とシーズンを振り返った。

サントリー・沢木監督の話「一試合一試合、丁寧に戦って、最終的に全勝でトップリーグのチャンピオンになれたことはチームが成長しているということ。ただ、ターゲットはもう日本選手権に向いている。しっかり準備していきたい」

サントリー・流主将の話「自分たちのラグビースタイルを信じることができた。つらいトレーニングが自信になった。簡単に勝てるチームは一つもなかった。もう一つのゴールである日本選手権の優勝に向け、しっかり頑張っていきたい」

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

サンケイスポーツの他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

14時22分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索