バレーボール女子日本代表で2012年ロンドン五輪銅メダルのアタッカー、新鍋理沙(29)=久光製薬=が29日、オンラインで引退会見を行い、来年夏に延期された東京五輪までコンディションを保つ自信がないと引退の理由を語った。

 白いワンピース姿で会見に登場した新鍋。「東京五輪後に引退を決めていたが、延期が決まり、1年後に自分が納得できるプレー、チームに貢献するプレーをできるか考えたとき、難しいと思った」と話した。東京五輪の延期が決まったときは「絶望というか…、(そこからの)1年がとても長く感じた」という。

 右手人さし指の靱帯(じんたい)を痛め、4月下旬に手術。その後のリハビリの中で「1年後に今よりいい状態でプレーできるか、自信を持てなくなった」という。「ここでやめるのは無責任では」とも考えたというが、「久光製薬も世界を目指すチームなので、納得できない状態でプレーできない」と、最終的には誰にも相談せずに現役引退を決めた。

 30日付で退団。今後はチームの運営会社「SAGA久光スプリングス」とマネジメント契約を結び、「バレーボールの魅力やチームスポーツのすばらしさを伝えていけたら」と、リポーターなどにトライする考えだ。

 新鍋は身長175センチと小柄ながら卓越した守備力と小技を生かした攻撃が持ち味。20日にチームの公式ホームページで現役引退を発表していた。