ボート備前緑陽の有本・太田組V

 全国高校総体(インターハイ)第10日は6日、宮城県のアイエス総合ボートランドなどで8競技が行われ、岡山勢はボート男子のダブルスカルで備前緑陽(有本勝志、太田海也)が県勢11年ぶりの優勝を飾り、かじ付き4人スカルの関西(山田泰生、角南仁基、中村魁真、熊谷亮哉、尾上龍哉)が3位に入った。 重量挙げ105キロ級の大垣佑太(倉敷商)はトータル242キロで6位入賞。少林寺拳法単独演武は男子の在間拓斗(岡山工)と女子の井上日和(金光学園)が決勝に進んだ。テニスは男子ダブルスの星木昇・橋本翔弥組(理大付)が準々決勝で惜しくも敗れ、女子シングルスの平田歩(学芸館)は8強入り。ハンドボール女子は光南が2回戦を突破した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索