佐藤友祈選手にスポーツ栄誉賞

佐藤友祈選手にスポーツ栄誉賞

 岡山市は7日、ロンドンで7月にあったパラ陸上世界選手権の車いす男子で、2冠を獲得した市内在住の佐藤友祈選手(27)に市人見絹枝スポーツ顕彰の特別スポーツ栄誉賞を贈った。 市役所で行われた表彰式では、大森雅夫市長が「市民に夢と希望を与えてくれた。3年後の東京パラリンピックでも頂点に立つ姿を楽しみにしている」と表彰状と記念品を手渡した。佐藤選手は「これからもトレーニングに励んで結果を出し、障害者スポーツをより多くの人に知ってもらいたい」と述べた。 佐藤選手は、車いすT52クラスの400メートルと1500メートルを大会新記録で制した。同栄誉賞の受賞は2度目。 同顕彰は、市出身で日本女子初の五輪メダリスト人見絹枝(1907〜31年)の功績をたたえ、市が2001年に創設した。受賞者・団体は、佐藤選手を含め30人・8団体。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索