レモネード販売でがん治療を支援

 レモネードを販売し、益金を小児がんの子の支援に役立てる「レモネードスタンド」が10、11の両日、井原市内にお目見えする。小児がんから回復した横浜市の小学4年栄島四郎君が、小児がんについて広く知ってもらおうと“開店”する。 2004年に小児がんで亡くなった米国の少女が生前、レモネードを売って病気の子供のため募金していた実話に基づく取り組み。四郎君の母・佳子さんの故郷が井原という縁で実現した。 会場は井原市井原町の鍼灸(しんきゅう)院、パクス・テルレーナ治療室岡山井原分院。10日は午後4時〜7時まで「みんなのレモネード縁日」と題し、ヨーヨー釣りや輪投げ、そうめん流しなどを催す。参加費は小中学生500円、大人千円。11日は午前9時〜正午にフリーマーケットを開く。 両日とも1杯50円でレモネードを販売。収益はNPO法人キャンサーネットジャパンを通じ、小児がん治療研究などに役立てる。問い合わせはパクス・テルレーナ治療室岡山井原分院(070—5364—8368)。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索