新庄で夏も「がいせん桜まつり」

 岡山県新庄村は14日午後3時〜7時、お盆時期の帰省客らに楽しんでもらおうと「夏のがいせん桜祭り」を初開催する。体験型のイベントや落語会などを展開し、真夏の一日を盛り上げる。 同村ではこれまで、春と秋に村のシンボル・がいせん桜の名を冠した祭りを開いてきた。しかし、今年は10月から桜の根元の土の入れ替えといった保全事業に乗り出すため、秋の開催ができず、代わりに夏のイベントを企画した。 当日は、がいせん桜通りで、丸太の早切り競争やLEDを使ったぼんぼり作りなどを楽しめるブースを設ける。村の特産品が当たる抽選会も行う。落語会は午後3時に同通り中心部の木代邸で開演し、落語家の桂小鯛さんが出演する。 引き続き、花火大会が同7時55分からあり、約500発を打ち上げる。同8時15分からは盆踊り大会もある。 問い合わせは村産業建設課(0867—56—2628)。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索