選手2人倒れる AEDで蘇生

選手2人倒れる AEDで蘇生

 おかやまマラソンのフルマラソン出場選手2人が競技中に倒れ、一時心肺停止状態となった。いずれもAED(自動体外式除細動器)による救命措置で蘇生。救急搬送され入院したが、13日夕現在、意識はあるという。 実行委によると、12日午前11時すぎ、約24キロ地点の笹ケ瀬新橋(岡山市南区)で50代男性が倒れ込んだ。一般参加の医師が気付いて処置し、走っていたドクターランナーらも駆け付けてAEDで手当てした。AEDは白バイの警察官が配置場所まで取りに行ったという。 午後1時すぎにはシティライトスタジアムのゴール直前で60代男性が転倒。AEDの担当者や救護所の医師らが駆け付けて処置した。 AEDは計74台設置、ドクターランナー42人をはじめ、医療・救護には約500人のスタッフが関わっていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索