吉備津彦神社で英華会の作品展

吉備津彦神社で英華会の作品展

 書や水墨画を裏打ちして掛け軸などに仕立てる表装の愛好家グループ・英華会の作品展が、吉備津彦神社(岡山市北区一宮)の境内にある「なかやま会館」で開かれている。14日まで。 一宮や建部町地区などの50〜80代の会員10人が約100点を出品。青々と茂る松、赤い実をつけたナンテンといった縁起が良いとされる植物画や、「龍」「松寿千年翠」と揮毫(きごう)した書などを淡い色や模様入りの布で表装した作品が並んでいる。 立ちびなの絵のほか、ツルや鞠(まり)、御所車があしらわれた着物の帯を題材に扱ったものもあり、華やかな雰囲気の中で来場者が興味深く見入っている。 主宰する宮本英子さん(76)=北区=は「絵や書と布地とのバランスにこだわり、丁寧に仕上げた作品ばかり。ぜひ会場に足を運んでほしい」と話していた。 午前9時〜午後4時。入場無料。作品の販売もある。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索