清雅な大作並ぶ「院展」岡山会場

清雅な大作並ぶ「院展」岡山会場

 「第102回院展」岡山会場(日本美術院、山陽新聞社主催)の会期は14日まで。会場の岡山市北区表町、天満屋岡山店6階葦川(いせん)会館には12日も多くの美術ファンが詰めかけ、清雅な日本画の世界に心を遊ばせていた。 山全体が桜色に染まる田渕俊夫同美術院理事長の「吉野」、水の都ベネチアの情景を幻想的に描いた松村公嗣氏の「舟唄」など、現代画壇をリードする巨匠から郷土ゆかりの作家まで計65点が並ぶ。今年は院展を再興した横山大観の生誕150年に当たり、晩年の傑作「或る日の太平洋」の習作も特別に展示されている。 初めて訪れたという玉野市の女性(53)は「斬新な色使い、構図の大作ばかりで、思わず引き込まれてしまう」と感動していた。 13、14日は午後1時と2時半から、同人の井手康人倉敷芸術科学大客員教授が作品解説する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索