「福山ばら祭」19日開幕

「福山ばら祭」19日開幕

 福山ばら祭(福山市や福山青年会議所などでつくる福山祭委員会主催)が19、20の両日、同市中心部で開かれる。緑町公園(同市緑町)、ばら公園(同市花園町)など主会場4公園では約1万1千本のバラが見頃。歌や踊りのステージ、パレードをはじめ多彩な催しが繰り広げられる。 51回目の今回は「福山に恋して 未来に恋して!」がテーマ。緑町公園では19日午前10時から開会式があり、午後1時半から「ばらのまち福山PR大使」のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンさん(41)=デンマーク出身=が市と共同で手掛けた新種のバラを発表する。 20日午後0時半からはメイン行事の一つ「ローズパレード」。市内外の約50団体2700人がダンスや吹奏楽などを披露しながら市中心部の約1キロを練り歩く。同2時50分からは「100万本のばらのまち福山応援大使」の歌手手嶌葵さんのミニコンサートが緑町公園である。 花園公園(同市花園町)、JR福山駅周辺でも両日、備後地方特産のデニムをPRするワークショップや大道芸などが催される。 同委員会は2日間で約80万人の来場を見込んでいる。問い合わせは実施本部(084—944—5515)。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索