19年度教員試験に625人出願

 岡山市教委は14日、2019年度の公立学校教員採用試験の出願状況を発表した。出願者数は前年度比55人減の625人で、160人の採用予定に対して平均倍率は0・3ポイント減の3・9倍。県教委との共同選考から単独の試験に移行した17年度以降、ともに2年連続で前年度を下回った。 内訳は、小学校317人(倍率3・2倍)中学校259人(同4・7倍)、養護教諭49人(同9・8倍)。このうち、特別支援教育の充実を図るため、小中学校の各区分に新設した「特別支援教育推進枠」(採用予定は若干名)は小学校24人、中学校7人だった。身体障害者が対象の教諭職(同)は1人。 出願者の減少について、市教委は「民間の採用意欲が高いことや、近隣県と試験日程が重なった影響」としている。 筆記などの1次試験は7月7、14〜16日で、会場は後楽館中・高校(同市北区南方)と岡山大(同津島中)。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索