岡山東支援学校の岡本さん最優秀

岡山東支援学校の岡本さん最優秀

 9月29日から今月5日まで岡山市内で開かれた障害者の芸術作品展「第2回きらぼし★アート展」(同展実行委、山陽新聞社会事業団主催、岡山県、県教委、岡山市、山陽新聞社など共催)の最優秀賞となるきらぼし大賞が、岡山東支援学校高等部2年岡本大貴さん(16)の「馬」に決まった。19日に山陽新聞社(同市北区柳町)で表彰式がある。 県内全域からの応募作品294点のうち1次審査を経て展示された66点(絵画44、造形22)を対象に、備前焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)伊勢崎淳氏ら県内外の専門家5人が審査した。 岡本さんの作品は、ボールペンで黒い馬の躍動感を緻密に描き、周りに独特の文様を配している。審査員からは「圧倒的な細密描写で美しい」「写実的な作品を独特の手法で描いている」などと高く評価された。来場者360人による投票でも1位だった。 このほか、造形賞、絵画賞、新人賞、来場者に配られた缶バッジをデザインした人たちのバッジ賞も決まった。受賞者は次の皆さん。(敬称略) 造形賞 tama—gimlet(作家名)、山根暁▽絵画賞 平田務▽新人賞 光井亮太▽バッジ賞 岩田清、土居マリ子、近田敏明、ともなり(作家名)、長田順子


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索