イベント通じ「孤育て」なくそう

イベント通じ「孤育て」なくそう

 相談できる人が身近にいない状態で育児をする“孤育て”をなくそうと、全労済と子育て支援団体・お母さん大学(横浜市)は12日、親子向けイベント「1日お母さん大学in岡山」を岡山市内で初めて開いた。母親をテーマにした講演や、即席みそ汁の作り方を学ぶワークショップなどがあり、約30人が交流を深めた。 「お母さんはスゴイ!」と題して講演した同大学長の藤本裕子さんは、全国的に児童虐待が増えていることに触れ、笑顔で育児をすることの大切さを強調。「子どもはお母さんだけでは育たない。地域の人らとのつながりが大切」と訴えた。 ワークショップでは、お湯を注ぐだけで手軽に食べられる即席みそ汁作りに挑戦。参加者は、みそにだしや具材を混ぜ合わせて直径3センチほどに丸め、ゴマや花形の麩(ふ)で表面を飾り付けた。6カ月の長女と参加した岡山市北区の女性(27)は「見た目がかわいく、簡単にできるので家でも作りたい」と話した。 「1日お母さん大学」は2016年から静岡、大阪、広島などで開いており、11回目。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

岡山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索