岡山県医師会(岡山市北区駅元町)は、松山正春会長をトップとする「新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げた。感染情報を収集し、県内で患者が発生した際の迅速な対応につなげる。設置は5日付。

 国内外での最新情報を、会員や郡市医師会などに提供しており、患者が発生した場合には、保健所と連携した対応を各医療機関に呼び掛けている。