岡山県美咲町原田の町物産センターは、地元産の食材にこだわった「黄福(こうふく)たまごケーキ」を販売している。

 町を代表するグルメ・卵かけご飯に使われている美咲ファーム(同町越尾)の鶏卵と町内産の米粉に砂糖だけを混ぜて焼き上げている。カステラの原型とされるポルトガル菓子「パン・デ・ロー」を参考にしたという。米粉パンを製造している町民有志の団体に開発を依頼した。

 開発に携わった寒竹美穂さんは「卵のおいしさを味わってもらえるよう、優しくて飽きのこないシンプルな味に仕上げた。ふわふわの食感も楽しんで」と話している。

 1個(直径11センチ前後、約100グラム)800円。問い合わせは町物産センター(0868―66―0178)。