赤磐市議会は23日の3月定例会本会議で、空席だった教育長に土井原康文・元和気町立本荘小校長(62)を充てる人事案に賛成多数で同意した。任期は24日から前任者の残任期間の4月25日まで。

 同市教委では昨年、勤務実態のない臨時職員に賃金を不正に支払った問題が発覚。対応に当たっていた内田恵子教育長(68)が「一身上の都合」を理由に、2月10日付で辞職していた。

 土井原 康文氏(どいはら・やすふみ)1982年に小学校教諭となり、赤磐市立石相小教頭など歴任。2019年4月から同市社会教育指導員。弘前大卒。同市立川。