新型コロナウイルス感染拡大を受け、「2020岡山さくらカーニバル」の実行委は23日、イベント中止を告知する看板(縦1・8メートル、横0・9メートル)を岡山市・後楽園東側の旭川河川敷の6カ所に立てた。

 看板は赤地に白い文字で「開催中止のお知らせ」などと大書。駐停車や迷惑行為をやめること、河川敷での営業禁止への協力を呼び掛けている。作業員3人が相生橋のたもとから蓬莱橋までの約1・3キロ区間に設置した。

 実行委は県、市、岡山商工会議所、岡山青年会議所、RSK山陽放送、岡山放送、テレビせとうち、山陽新聞社で構成。一帯はソメイヨシノを中心に約250本が並び、つぼみが膨らんでいる。実行委は「中止は残念だが、感染拡大を防ぐためご理解を」と話した。

 カーニバルは1986年に始まり、例年約7万人が来場する。今年も27日〜4月5日に開催予定だった。東日本大震災が発生した2011年に夜桜のライトアップを自粛したが、全面中止は初めて。