新型コロナウイルスの影響で4月中旬から休業中の「食堂かめっち。」(岡山県美咲町原田)が7月3日、リニューアルオープンする。ご当地グルメの卵かけご飯を提供する県内を代表するグルメスポットの一つ。店舗の内装を一新、メニューの一部を変更する。

 町など出資の第三セクター・美咲物産(同)が、建物の老朽化に伴い改修工事を進めている。建屋の外壁に半透明のポリカーボネート製壁材を貼り付けイメージチェンジ。出入り口を広げ、入り口と出口を別々にすることで来店客の流れをスムーズにする。

 店内の窓を移設し、採光と換気を効率化。3密(密閉、密集、密接)を避けるため、従来の18席を8席に減らす。代わりに、隣接する黄福(こうふく)広場(約270平方メートル)を飲食スペースとして活用する。事業費は約360万円。

 客の70%が注文する一番人気の卵かけご飯とみそ汁のセットはこれまでの350円から500円に値上げする。また、客に2合炊きの簡易釜を貸し出し、黄福広場で炊きたての卵かけご飯を味わってもらうセットメニュー(1500円)を追加する。注文が伸び悩んでいたオムライスなど4品は廃止する。

 同店は2008年開店。これまでに延べ約88万人が訪れている。