明治安田J2第2節第1日(27日・シティライトスタジアムほか=9試合)開幕節の2月23日から約4カ月ぶりに再開し、ファジアーノ岡山はホームで山口と2―2で引き分けた。2年ぶりとなる開幕2連勝を逃し、勝ち点4(1勝1分け)で暫定4位。ファジアーノは次節の7月5日、今季初のアウェーで磐田と対戦する。

岡山2−2山口

前半0−1

後半2−1

岡山 1勝1分(4)

山口 1勝1分(4)

 【評】ファジアーノ岡山が粘りを見せ、ドローに持ち込んだ。0―2の後半11分、徳元のクロスを清水が頭で合わせてネットを揺らすと、同29分にはCKの2次攻撃からイ・ヨンジェがヘディングシュートをたたき込んだ。逆転こそならなかったが、守備を固める相手に圧力を強め、捨て身の反撃は迫力があった。不用意にボールを失い、逆襲を受けた点は修正したい。

 山口はイウリが1得点1アシストと個の力を発揮した。